コロナの真実が来そうなので黙っていましたが、移転します。新wikiそれから完全に移転できしだいこのサイトを削除します。最後に荒らしは許しません。荒らしへ一言。インターネットって簡単には消せません。ずっと残るんです。デジタルタトゥーという奴です。荒らしはその覚悟があるという認識です。

提供:田舎ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

田舎における(えき)は、基本的に閑散としている。

概要[編集]

大都市近郊では、列車は2~20分程度に1本設定されているが、田舎では1時間以上列車が無いことも日常的である。例えば、田舎に位置する宗太郎駅では下り延岡方面の終電が午前6時54分となっており、不便な状況である。

また、利用者も少なく、1日の平均利用者数が1000人を下回っている駅がほとんどである。そもそも近隣の住民が少ないこと、これらの地域では車での移動が盛んであることが理由としてあげられる。

特に、人里離れた場所に位置している、列車の停車本数が少ないなどの特に閑散としている駅は「秘境駅」と呼ばれ、これらの駅は交通手段というより観光スポットと化しており、秘境駅に足を運ぶ鉄道ファンもいる。

最近では廃線の議論が盛んになってきており、田舎から列車が消えてしまう日も近いと思われる。

関連項目[編集]